良い成分で改善

アトピーに効く成分の金額

薬

アトピーことアトピー性皮膚炎は、完治させることの難しい疾患の一つです。 しかし、改善のための方法がないわけではありません。 アトピーは免疫疾患とも言われているので、免疫をつかさどる臓器である腸の環境を改善してやり、免疫機能を正常化し有害物質を体外に排出させることでアトピーを改善することが出来ます。 腸内環境を整える成分の代表は乳酸菌でしょう。そのなかでも特に、ビフィズス菌はその働きがアトピー対策のための腸内環境改善に良いようです。 ビフィズス菌を含むサプリメントや健康食品は多々ありますが、その価格は1か月分で約3,000〜4,000ほどです。 ビフィズス菌単体をうたうものよりも、ビフィズス菌の働きをサポートしてくれる乳酸菌やオリゴ糖を含有したもののほうがより効果は高いです。

有効成分とその根拠

アトピーに効くと科学的根拠が証明されているものは、今現在ではビフィズス菌を代表とする乳酸菌のみです。 その理由は前述のとおり、腸内環境の改善によって有害物質を体外に排出することで得られる効果です。 乳酸菌のほかにアトピーに効果があるとされているものは、今現在では科学的根拠が十分ではないものの、EPAやマツヨイグサがあります。 EPAには皮膚を丈夫にする働きやアレルギー症状を起こす化学物質の作成を抑制する働きがあるとされています。 月見草とも呼ばれるマツヨイグサは、そこに含まれるγリノレン酸の働きが皮膚の免疫機能を上げるので、アトピー性皮膚炎の改善効果があるとされています。 これらの他にも、アトピーに効く成分が研究によって発見されることでしょう。